水漏れやつまりはプロに依頼して速やかな解決を

水漏れやつまりのトラブルが多いのはトイレです。トイレ以外にもキッチンや洗面台、お風呂場などでも起こり得るトラブルですが、トイレでは発生件数が圧倒的に多いです。水漏れで言うと、トイレタンクが経年劣化によってひび割れたり、温水洗浄便座本体や各部品も同様に劣化し、パッキンに不具合が生じたり、本体自体が故障したりします。つまりは便器の中の排水口が広く見えてしまうのが原因の一つで、水の力である程度の大きさのものを流してくれるという妙な信頼感があるからだと言えます。

そのため、トイレットペーパーの塊や紙おむつを平気で流す人がいます。もしトイレのつまりが発生したら、ラバーカップを用意し、お椀型の部分を排水口にぴったりと当てた状態で押し込んでみましょう。大抵の場合はこの方法で解決します。しかし、つまらせたものが水に溶けないプラスチック製品などの場合は、ラバーカップでは修理が難しい場合があるため、プロを呼んで修理してもらう方がいい場合があります。

水漏れに関しては、どこから水が垂れているかをまず確認しましょう。もし、温水洗浄便座の下側からの水漏れの場合は、ストレーナーという部品のパッキンの劣化によることが多いので、メーカーに問い合わせて取り寄せ、交換すればいいだけです。しかし、温水洗浄便座の本体の場合はむやみに触ってはいけません。電気が通っているため感電することもあるためです。

トイレは毎日何度も使う場所なので、プロに依頼するなどして速やかな解決を心掛けましょう。

Filed under: トイレ, トラブル, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website