トイレで詰まりが水漏れが発生した場合の対処法

毎日使っているトイレで詰まりが水漏れが発生したら、誰でも慌ててしまいます。すぐにでも業者に来てもらわなければならないと考えてしまいますが、実は緊急を要するケースはそれほど多くはありません。すぐに来てもらう必要があるのは、止水弁を止めても水が流れ続けてしまうようなケースだけであり、止水弁で止まれば時間的な猶予があります。ですから、水漏れを発見した時にまず最初にやるべきことは、止水弁で水を止める作業です。

それからゆっくりと原因を探りなら業者の到着を待つという流れになります。待てる余裕があるかを見極めることはとても重要です。最近では詰まりや水漏れの修理を24時間対応でやっているところもありますが、通常の営業時間外であれば割増料金が発生することも少なくないため、費用の面から見ても切り分けが必要です。他社との差別化を図るために24時間いつでも割増料金を取らずに対応している業者もあり、そのような条件で依頼先を探す方法もあります。

実際に詰まりや水漏れの修理依頼をする場合には、事前にトラブルの箇所が分かっていると、到着した後の作業もスムーズです。大抵は連絡を入れてから到着するまでの間に時間がありますので、その間に調べても良いのですが、場合によっては特殊な工具が必要であったり部品を調達しなければならないため、該当箇所が分かっていると便利です。ただし、曖昧な情報を伝えてしまうと、かえって混乱してしまいます。

Filed under: 水漏れ, 水漏れ修理

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website