トイレロータンク内の水漏れ修理の自力での対処方法

トイレの不具合が生じるのは生活をするうえでも困りもの、ロールタンク内の水漏れなら、自分で修理や対処ができることもあります。不具合を起こすきっかけは浮き玉の調子がイマイチであったり、ボールタップが要因となっているからです。もしもそれらに破損が生じていたり、完全故障ならそれらは新品に交換をする必要があります。つまり故障した状態を、新たな部品を加えての修理という事になりますが、すべてが新品部品への交換必須というわけではありません。

自力でもトイレのロータンク内の水漏れは対処可能な範囲であり、浮き玉をチェックして不調が一時的なものだったら、自分で対処をすることができます。専門業者は状況を把握して様々な道具類を駆使してどうにかしますが、自分で行う些細な不調なら特殊なアイテムを必要とはしません。レンチを使うことになる場合がありますが、それはナットを使い手洗い管と給水ホースが繋がっているケースです。実際のトイレのロータンク内の水漏れの自力での修理対処法ですが、まずはタンク上のふたをオープンして、水に沈んでいる浮き玉をいったん持ち上げてみます。

そして再び水の中へ入れて、水面を見て標準水位にあるかを確認です。もしもを基準をした際に、それより下であったり上ならば水位調整を行います。水位調整に関してはボールタップにある水位調節リングを使用できますので、それを回すだけです。左回りにすると水位は下降をするようになっていて、逆に水位を上昇させたい時には右回りにします。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website