水漏れが起こったらトイレ修理業者に依頼

トイレから水漏れが発生すると慌ててしまいますし、すぐに業者を呼びたくなることもあるでしょう。ですが、業者に依頼するとかなり料金がかかってしまうことがあります。そこで費用を抑えるため、自力で修理をしたいという人もいるかもしれません。実は簡単なトラブルなら自力でも問題なく直せることがあります。

トイレから水漏れが発生した場合、まずは止水栓を閉めることがポイントです。ウォシュレットがある場合はそちらの電源も抜いておきましょう。また、電源が入っていると感電の恐れもあるため、本体やコードなどに触れないようにすべきです。パイプの接続部分から水漏れが起こっている場合、ナットを時計回りに締めるようにします。

この時に締めすぎるのは良くありません。パイプ内の圧力が上がると症状が悪化することもあるため、パイプの状況を見ながら少しずつ直していきましょう。また、ナットを締めても水漏れが直らない場合、パイプやナットが破損してしまっている可能性があります。その場合は不憫を交換する必要があるでしょう。

自力で部品交換をするのは難しいため、専門の業者に修理を依頼するのがおすすめです。パッキンの劣化による水漏れの場合、パッキンを交換すれば直ります。しかし、パッキンが違うものだと上手く直らないので注意が必要です。規格やサイズ、厚みなどを確認し、最適なものを用意するようにしましょう。

似ているパッキンでも違うものを使うと、症状が悪化してしまいます。心配な場合は業者にトイレ修理を依頼しましょう。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website