トイレの水漏れ修理の種類について

トイレ日常生活で家族で何回も使う設備で、壊れてしまった場合には不便なので水漏れした時には修理が必要です。そこでトイレの水漏れ修理の種類と、そうなった場合の対処法について説明します。最も多いのは、給水や排水などに関わるパイプからのトイレの水漏れです。水が流れる吸水パイプから漏れて来る原因には、長期間使い続ける事でネジが緩くなる事で発生したり、錆び等で隙間ができる事で起きます。

多くの場合はパイプの接合箇所のネジを閉める事で、改善させる事ができます。工具をホームセンターなどで購入すれば、誰でも閉めて改善させる事が出来ます。だけど経年劣化したパイプを力いっぱい閉めすぎると、ネジの溝が壊れて悪化させてしまう事があります。だから古いパイプの場合は、専門の修理業者に依頼した方が安全です。

パイプ以外の箇所には、パッキンが原因でトイレの水漏れが起こる事があります。パッキンはパイプやタンクなどとパイプを接合する部分に付けるパーツで、経年劣化するので定期的に交換が必要となります。パッキン自体は型番さえ解かれば、ホームセンターやネット通販でも取り寄せが可能です。素人でも交換は出来ますが、交換するには水の流れを止めたりネジを緩める必要があります。

初心者がやるとパイプが経年劣化している場合には、さらに酷い故障の原因になったり道具を取り寄せなど手間も掛かります。そういったリスクを下げるために、パッキン交換も専門の業者に頼んだ方が安心です。トイレ水漏れの修理のことならこちら

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website