トイレの修理は早めにする

トイレの水が出たままになっている場合、早めに対応しなくてはなりません。そのままにしておくと床が水浸しになってしまうこともありますし、生活に支障をきたすことになります。このようなトラブルは専門の業者に修理を依頼すべきですが、業者が来てくれるまでの間にもできることはあります。水漏れの発生に気付いた場合、まずはトイレの止水栓を閉めるようにしましょう。

止水栓が開いたままだと、そこからどんどん水が漏れてきてしまいます。止水栓はマイナスドライバーを使用し、時計回りに回すと閉めることができます。ちなみに、トイレの止水栓を閉めても、キッチンや洗面所などは使用できるので大丈夫です。トイレ修理は簡単そうに見えるかもしれません。

ですが、素人にとっては意外と難しいですし、時間や手間がかかってしまうこともあるでしょう。確実に直すためには専門の業者に連絡すべきですが、業者の選び方が分からないという人もいるかもしれません。専門の業者にトイレ修理を依頼する場合、まずは見積もりを依頼することになるでしょう。この時は一つだけでなく複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。

一つの業者だけだと料金の比較ができませんし、相場より高い値段の可能性もあります。また、作業内容など詳しい説明がないのに費用が高すぎる場合、悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。水漏れ修理でパッキン交換や調整作業のみの場合、6000円~10000円が相場となります。ウォシュレットからの水漏れは8000円~15000円が相場ですが、買い替えが必要になることもあります。

水が止まらない場合は6000円~10000円が相場であり、タンクの着脱が必要な場合は10000円~30000円程度かかります。

Filed under: トイレ, 修理, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website